BLOG

【養生】季節に合ったものを食べよう‬

日本の良いところでもある四季。 季節によって取り入れたい食べものは変わってきます。 季節が変わるように私たちの体調も季節によって変化していきます。 それぞれの季節に合ったものを食べることは体作りにとても役に立ちます。 春 …

続きを読む>>

2020.05.09

【生薬紹介-039】熟地黄(ジュクジオウ)

ゴマノハグサ科カイケイジオウの根を蒸したもの。 成分:イリドイド配糖体など 薬理:強心、利尿など 性味:甘、微温 帰経:心、肝、腎 津液と血を滋養する。 月経不順やめまい、頻尿などに用います。 配合処方:四物湯、十全大補 …

続きを読む>>

2020.05.09

【生薬紹介-038】縮砂(シュクシャ)

ショウガ科ヨウシュクシャの種子団塊。 成分:精油など 薬理:胃酸分泌抑制、抗アレルギーなど 性味:辛、温 帰経:脾、胃 気を巡らし胃腸を整える。 腹部の張りや痛み、消化不良などに用います。 配合処方:安中散、参苓白朮散な …

続きを読む>>

2020.05.08

【コラム】頑張らなくていい

頑張らなくてもいいなんて無責任だと言う方もいらっしゃるでしょう。 もしかすると頑張らないと怠けていると思われるかも知れません。 だとしても無理して頑張る必要なんてどこにもありません。 頑張り続けた結果、体と心を痛めてしま …

続きを読む>>

2020.05.07

【生薬紹介-037】車前子(シャゼンシ)

オオバコ科オオバコの種子。 成分:イリドイド配糖体など 薬理:消炎、利尿など 性味:甘、寒 帰経:腎、膀胱 清熱、水分代謝を促す。目を明らかにする。 膀胱炎や眼病などに用います。 配合処方:竜胆瀉肝湯、牛車 …

続きを読む>>

2020.05.07

【生薬紹介-036】芍薬(シャクヤク)

ボタン科シャクヤクの根。 成分:ペオニフロリンなど 薬理:抗炎症、鎮痛など 性味:苦酸、涼 帰経:肝、脾 血を養い肝を和らげる。緊張を緩める。 痛みや月経不順などに用います。 配合処方:芍薬甘草湯、当帰芍薬散など &nb …

続きを読む>>

2020.05.06

【コラム】心と体は繋がっている

多くの方は体の不調を訴えてご相談に来られます。 ・めまい ・頭痛 ・疲れやすい ・眠れない ・便秘 ・食欲が無い ・皮膚のかゆみ …etc. 上記のような体の不調の原因を探っていると、実は大きなストレスを抱えている事が良 …

続きを読む>>

2020.05.05

【生薬紹介-035】蒺䔧子(シツリシ)

ハマビシ科ハマビシの果実。 成分:アルカロイドなど 薬理:鎮痙、降圧など 性味:苦辛、温 帰経:肝、肺 皮膚の血熱を除く。上衝した気を下げる。 頭痛や皮膚の掻痒感などに用います。 配合処方:当帰飲子、洗肝明目湯など &n …

続きを読む>>

2020.05.05

【生薬紹介-034】山薬(サンヤク)

ヤマノイモ科ヤマノイモの周皮を除いた根茎。 成分:デンプン、多糖類など 薬理:滋養強壮、強精など 性味:甘、平 帰経:肺、脾、腎 胃腸機能を高める。腎、肺を補う。 下痢や頻尿などに用います。 配合処方:参苓白朮散、六味丸 …

続きを読む>>

2020.05.04

【コラム】声に耳を傾ける

様々な症状を抱えている患者さんの話には幾つものキーワードが隠されています。 そのキーワードを聞き逃さないようにしなければなりません。 何気ない世間話の中にもヒントが隠されていることも。 ――――――――――――――――― …

続きを読む>>

2020.05.03